最新投稿フードバンクプロジェクトにカーボクリニックウォーターを寄贈しました

 

 

 

 

 



錦鯉発祥の地、またへぎ蕎麦で有名な新潟県小千谷(オヂヤ)市に拠点のある
(一社)小千谷青年会議所(小千谷JC)さんが立ち上げたフードバンクプロジェクトに
寄贈用の非売品カーボクリニックウォーター(濃度200pm容量500ml)を40世帯分、寄贈させていただきました。
感染対策はコロナウイルスに限ったことではありませんし、消臭にもお使いいただけますので衛生管理の便利品としてお役に立てなら・・・と、そんな思いです。

当社製品の内容量と使い方説明書を添えてお送りしました。

健康 ・ 研究 ・ 開発

次亜塩素酸ナトリウムと除菌水

私達が毎日食生活に使っている水道水も、次亜塩素酸ナトリウムを使って除菌されております。蛇口から国内基準値(水道法に基づく)次亜塩素酸が検出されます。水道水のpH値は7前後で中性ですが、軽度の除菌水と言えます。  

まず、必ずこちらをご覧ください

〔人工炭酸泉の血流改善・新 除菌システムの開発〕 平成22年~平成23年の動画をご覧ください。

 

 

◉水道水の可能性・健康・除菌

人工炭酸泉も、水道水(お湯も含む)に炭酸ガスを注入し、水道水に含まれる次亜塩素酸ナトリウムの特性をpH調整し最大限に引き出す技術で健康効果や褥瘡(床ずれ)水虫などの治療効果を発揮します。 日本の水道法に基づいた除菌システムによる水道水の生成技術を応用し次亜塩素酸ナトリウムの特性を炭酸ガスの特性で自在に操れる除菌水生成装置の開発に着手しました。

◉歯科医師 吉岡秀樹先生と統括責任者澤栗の対談

開発経緯や安心・安定の次亜塩素酸水生成に対する考え方をお話ししました。

 

 

◉次世代除菌システム

弱酸性カーボクリニックウオーターとは 「すべて人体の細菌撃退方法を応用」 食品添加物炭酸ガスの特性と食品添加物次亜塩素酸ナトリウムの特性を新たなプロセスで開発することにより人体そのものが行なっている細菌撃退方法、好中菌(HOCI)システムと体内で生成される炭酸水素イオンシステム(HCO3-)など、人体そのものが生成しているシステムを応用し人体に優しく、安心・安全な除菌システムを人工炭酸泉製造技術を応用し開発いたしました。

■平成23年試作機完成

試作機の概要

人体に無害な除菌水生成方法として炭酸ガス溶解技術を駆使しpH値(弱酸性)の調整や次亜塩素酸濃度(20ppm~200ppm)を自由に混合調整し、家庭や介護施設などの水道に直結し、蛇口を開ければ除菌水が使えるように開発いたしました。 ※同年11月、芽胞菌・大腸菌0-157の殺菌試験に成功し共同研究は終了しました。

◉共同研究終了後の開発

共同研究終了後、未達成で終わった1000ppmを求め弊社単独で研究開発を進め長期間経過しましたが、令和1年7月念願の1000ppmの開発に成功しました。

◉健康への不安、報告なし ※塩素アレルギーの方はご注意ください

開発当初から関係者様や販売店の方々が、一般除菌やインフルエンザ・ノロウイルス・空間噴霧などで約10年使用しておりますが、健康不安などの情報はありません。  

◉水道水の空間噴霧は除菌効果アリ?ナシ?

三重大学大学院生物資源学研究科の福﨑智司教授の説明動画を見て、自己判断してください。

 

完成した炭酸次亜塩素酸水生成装置

この生成装置は、世界一安全な日本の水道除菌システム「次亜塩素酸ナトリウム」による除菌原理を応用し、次亜塩素酸ナトリウムの特性を炭酸ガスの特性で調整し、使用目的の除菌内容により20ppm~1660ppmまで自由に生成可能になりました。 500ppm以下であれば、透明な容器でも12カ月の品質保持期限が保たれます。(未開封時)

【製品紹介】

[お約束]

・食品添加物の検査証明を取得し基準値に基づいて生成しております ・厳格な生成管理のもと各製品の明確な数値をお示ししています  

  [全製品統一内容]

 主  成  分 :次亜塩素酸

 原  材   料 :炭酸ガス、水道水、次亜塩素酸ナトリウム

 製造方法 : 弊社が開発した「多目的ガス溶解装置(特許第5650046号)」を用いた混合方式。

■10リットル ノズル付き容器

 

■製   品   名:カーボクリニックウオーター50-10

 有効塩素濃度:  50ppm+α     (生成時)

 液    性 :  pH5.70±0.05 (生成時)

 品質保持期限 :  12ヶ月(未開封時)

         開封後は3ケ月以内に使い切ってください

 

■製   品   名:カーボクリニックウオーター100-10

 有効塩素濃度 :  100ppm+α    (生成時)

 液    性 :  pH5.70±0.05 (生成時)

 品質保持期限 :  12ヶ月(未開封時)

         開封後は3ケ月以内に使い切ってください

 

■製   品   名:カーボクリニックウオーター200-10

 有効塩素濃度 :  200ppm+α    (生成時)

 液    性 :  pH5.80±0.05 (生成時)

 品質保持期限 :  12ヶ月(未開封時)

         開封後は3ケ月以内に使い切ってください

■1リットル ボトル容器 スプレーノズル付属

 

■製   品   名:カーボクリニックウオーター200-1

 有効塩素濃度: 200ppm+α    (生成時)

 液    性 :  pH5.70±0.05(生成時)

 品質保持期限 :  製造日から12ヶ月  (未開封時)

         開封後は3ケ月以内に使い切ってください

 

■製   品   名:カーボクリニックウオーター500-1

 有効塩素濃度 :  500ppm+α   (生成時)

 液    性 :  pH5.70±0.05(生成時)

 品質保持期限 :  製造日から12ヶ月  (未開封時)

         開封後は3ケ月以内に使い切ってください

 

■製   品   名:カーボクリニックウオーター1000-1

 有効塩素濃度 :  1000ppm+α   (生成時)

 液    性 :  pH6.00±0.05 (生成時)

 品質保持期限 :  製造日から3ヶ月     (未開封時)

         希釈時は原液を1回で希釈してください

         希釈液は1ケ月以内に使用してください

 

■製   品   名:カーボクリニックウオーター1600-1

 有効塩素濃度 :  1600ppm+α   (生成時)

 液    性 :  pH6.14±0.05 (生成時)

 品質保持期限 :  製造日から1ヶ月

         希釈時は原液を1回で希釈してください

         希釈液は1ケ月以内に使用してください

◉販売サイトで簡単購入が出来るようになりました

気軽に製品を検索していただいて、インターネットでのご注文が出来るようになりました。

画面タッチで販売サイトにつがります。

◉カーボクリニックウオーターは、安全な食品添加物

カーボクリニックウオーターは、製品流通にあたり専門家による調査を経て安全データシートを作成し、検査機関より食品添加物の規格基準として検査結果証明書を得ています。この基準値に基づきすべての製品が製造されています。

■平成31年1月25日 食品添加物として規格基準検査結果証明取得

 有効塩素濃度260ppm

■令和1年7月26日 食品添加物として規格基準検査結果証明取得

 有効塩素濃度1060ppm

■令和2年6月24日 食品添加物として規格基準検査結果証明取得

 有効塩素濃度1,660ppm

■令和2年8月21日 食品添加物として規格基準検査結果証明取得

 有効塩素濃度1,790ppm

 令和2年6月に1,660ppmが完成しました。
 次の目標に1,800ppmを目指して試作を繰り返し安定した数字が出るようになりましたので検査機関に生成品を提出し、取得した証明書です。1,800ppmの壁が厚くてまだ完成出来ません。

 高濃度のカーボクリニックウォーターが開発されることで大容量の除菌水生成を可能とし、広範囲のスペースにおいて、より低コストでの衛生管理業務が可能となります。

 引き続き、研究、開発に邁進します。

 

■製品の安全性は、専門家の協力のもと調査してあります。

下記シートをクリックしていただくと、全ページご覧になれます。

 

次亜塩素酸水が良くわかる参考動画

コロナウイルスに有効な次亜塩素酸水についての対談動画

MENU